インターネット
初診受付はこちら

当院の治療

検査・予防接種

採用情報
講演会/雑誌掲載記事一覧
QRコード

左記のQRコードより携帯サイトがご覧頂けます。

当院の特徴

救命救急センターにて数年間、救命医療に携わった経験から、ほぼ内科全般の疾患に対応することができます。

内視鏡検査(胃カメラ、大腸カメラ)を得意とし、適宜、クライアントにあった鎮痛・沈静剤を使用することで、非常に楽に、ほとんど苦痛なく、施術を行うことができます。

当院では病理組織診断にも力を入れており、一般の検査機関ではなく、日本のトップの病理医(東海大教授 多田先生、弘前大教授 鬼島先生)に診断を依頼しています。更に、私自身も東京医科歯科大学 病理学教室における、消化管(食道、胃、大腸)の顕微鏡組織診断についての多数の経験から、再度、顕微鏡で確認し、必要に応じて、上記の先生方とディスカッション致します。

以上のように、
内視鏡検査(胃カメラ、大腸カメラ)においてはマクロで診断し、更に顕微鏡においてミクロで確定診断できることが当院の最大の特徴です。

早期胃がん(低分化がん) 生検組織像(低分化がん)
早期胃がん(低分化がん) 生検組織像(低分化がん)

胃カメラにおいては、経鼻内視鏡も実施できます。

現在までの内視鏡検査数、顕微鏡診断数は、下記通りです。

胃カメラ検査数:約3万件
大腸カメラ検査数:約2万件
顕微鏡診断プレパラート数:約4万5千件

2016年6月現在

当院の理念

医師と患者の関係である前に一対一の人間対人間であることが当院のモットーです。
患者様の訴えを真摯に受け止め、共に考え、患者様にとって最も望ましい医療さらに患者様の日々の生活を円滑に営めるよう最善の努力を致します。一回一回の出会いを大切にしていきたいと思います。まずは、お会いしてお話しを伺うことから始めたいとと思います。

診療内容

消化器系の病気

腹痛、急性・慢性胃炎、胃痛、胃・十二指腸潰瘍、下痢、便秘、逆流性食道炎、過敏性腸症候群、胆石症、急性・慢性肝炎、脂肪肝、B型肝炎、C型肝炎、肝硬変など
胃カメラ、大腸カメラ、腹部エコーの検査可能

一般的な内科系疾患

風邪、扁桃腺炎、発熱、疲れ・疲労、だるい、体重減少、立ちくらみ、食欲不振・減退、花粉症、蕁麻疹、アレルギー性鼻炎など

呼吸器系の病気

喘息、COPD、慢性咳嗽など

循環器系の病気

狭心症、不整脈など

生活習慣病

高血圧、高脂血症、糖尿病など

働く人のための「心」の健康管理
また、認知症も相談に応じます。

ページトップに戻る