インターネット
初診受付はこちら

当院の治療

検査・予防接種

採用情報
講演会/雑誌掲載記事一覧
QRコード

左記のQRコードより携帯サイトがご覧頂けます。

過敏性腸炎について教えてください

小腸、大腸に器質的な異常がないにもかかわらず、下痢、便秘などの便異常と腹痛、腹部膨満感などの腹部症状を呈する病気です。

日本における有病率は10~20%と報告されていますが、近年は社会の複雑化、ストレス増加に伴い、増加の一途をとげています。男性より女性に多く、年代的には20~40代に好発しますが、思春期から壮年期までみられ、発症期には何等かのストレスが関わていことが多いとされています。薬も何種類かありますが、誘因への対策が必要と思れます。

ページトップに戻る