インターネット
初診受付はこちら

当院の治療

検査・予防接種

採用情報
講演会/雑誌掲載記事一覧
QRコード

左記のQRコードより携帯サイトがご覧頂けます。

膵臓癌は発見が遅れることが多いの?

膵臓癌の明確な危険因子として断定できるものはなく、進行癌として発見されることの多い難治癌である。但し、膵嚢胞、最近発症した糖尿病は、膵臓癌の危険因子と言っていいものである。画像診断として、腹部エコーでは、膵臓は死角となる部位も多く注意が必要です。

腹部(造影)CT, MRCPは、診断にかなり有用です。

治療に関しては、膵臓癌の進行度に応じて決定します。

遠隔転移例、局所進行例(癌が太い血管を巻き込んでいるようなケース)では、抗癌剤投与が適応。癌が、上記ほど進展しておらず、腫瘍が切除できると考えられる場合は外科的手術が選択されます。

 

ページトップに戻る