インターネット
初診受付はこちら

当院の治療

検査・予防接種

採用情報
講演会/雑誌掲載記事一覧
QRコード

左記のQRコードより携帯サイトがご覧頂けます。

胃癌について

胃癌はどうしてできますか?

幼少時にピロリ菌が感染し、数十年にわたり胃粘膜の炎症を起こし、慢性胃炎が発症さらに、その一部に環境因子(塩分の摂り過ぎ)や宿主側の遺伝子要因などが加わり、ついに胃癌を発症させると考えています。

胃癌にならないようにする方法はありますか?

早期のピロリ菌除菌

30代までに除菌を行うとほぼ100%予防可能

男性 40代→93%
  50代→76%
  60代→50%
  70代以上→45%
女性 40代→98%
  50代→92%
  60代→84%
  70代以上→73%

50歳までにピロリ菌判定をし、除菌すれば、ほぼ可能

「食べもの」による予防

  1. 食べ物から科料のビタミンと繊維質のものを多くとる
  2. 塩辛いものは少なめに、あまり熱いものは冷ましてから
  3. こげた部分は避ける
  4. カビの生えたものに注意

実際に胃癌になったらどんな治療がありますか

早期癌

粘膜内もしくは粘膜下層に一部入った癌でも、リンパ節転移が少ないと思われる例では内視鏡で切除可能です。

  • EMR (内視鏡的粘膜切除術)
  • ESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)

進行癌

開腹手術の適用となります。また、他の臓器に転移している例では、抗癌剤投与が通常の治療となっています。

ページトップに戻る