インターネット
初診受付はこちら

当院の治療

検査・予防接種

採用情報
講演会/雑誌掲載記事一覧
QRコード

左記のQRコードより携帯サイトがご覧頂けます。

胃潰瘍(十二指腸潰瘍)の発生原因は何ですか?

これらもピロリ菌が関与しており、胃潰瘍は、40代以降に多く、十二指腸潰瘍は10~20代が多いとされています。発症原因としては、胃潰瘍は75%、十二指腸潰瘍は95%がピロリ菌関与しているといわれ、ピロリ菌以外では、頭痛薬、生理痛などの痛みどめによる潰瘍の発生頻度が多いとされています。

症状としては、空腹時あるいは食後2~3時間後の上腹部痛をうったえることが多く、また、胸やけ、悪心、もたれ感を訴えることもあります。

ページトップに戻る