インターネット
初診受付はこちら

当院の治療

検査・予防接種

採用情報
講演会/雑誌掲載記事一覧
QRコード

左記のQRコードより携帯サイトがご覧頂けます。

急性胆嚢炎になったら、どうしたらいいの?

急性胆嚢炎は、胆嚢に生じた急性の炎症性疾患で、通常、最近感染を伴います。

90-95%は、胆石に起因します。

症状としては、右季肋部痛、心窩部痛、悪心、嘔吐、発熱があります。

診断としては、腹部エコー検査が有用で、胆嚢腫大、胆嚢壁肥厚、胆石で診断します。

治療としては、抗生剤投与と胆嚢摘出術(腹腔鏡下、または、開腹手術)が標準的な治療です。

ページトップに戻る